TOEIC
トップ > 「社内英語部プロジェクト」の仕掛け人、関口雄一さんにインタビュー!

「社内英語部プロジェクト」の仕掛け人、関口雄一さんにインタビュー!

TOEIC L&R公開テストに申し込む
TOEIC S&W公開テストに申し込む
TOEIC Bridge公開テストに申し込む
TOEIC SQUARE facebook 公開中!
テストの申込忘れ防止に!スケジュールリマインダー
ビジネスパーソンのための新しい英語学習法

「社内英語部プロジェクト」の仕掛け人、関口雄一さんにインタビュー!

関口雄一さん関口雄一さん

 

株式会社グローバルブルー代表取締役社長。大学卒業後、リクルートの人材採用領域のコンサルタントとして勤務。

ベンチャー企業の役員を経て、グローバルブルーを設立し、法人・個人向けの英語研修プログラムの開発、導入などを手掛ける。

標準的な英文法と、使用頻度の高い1500の単語を使う英語術「グロービッシュ」を広める活動でも知られる。

著書に『時間のない僕らが、「英語を話す」ためにすべきシンプルな方法』(国際語学社)などがある。

英語部

第2回:
「社内英語部」がもたらす学習の好循環

多忙なビジネスパーソンでも英語学習を続けられる仕組みを提供する「社内英語部プロジェクト」。前回は、企業内に学習グループを作り、社員たちが学生時代の部活動のような環境で英語を学ぶ、ユニークな取り組みの内容をご紹介しました。今回は、社内英語部の部員が実際に体験した部活の効果などについて、プロジェクトの発案者である英語学習コンサルタントの関口雄一さんに伺います。

■部活は「仕事のアポ」と同じ

社内英語部の主な狙いのひとつは、具体的な学習目標やその達成度をほかの部員に発表し、学習を続けるための「ゆるやかな強制力」にすることです。うれしいことに、この狙いは当たりました。英語部に入部された方からは、部活の効果として「学習を続けられるようになった!」という声を最も多くお聞きします。ある部員の方は、部活を始める際に設定した「いつまでに、TOEIC L&Rスコアをこのくらいアップさせる」という目標が、モチベーションアップにつながったそうです。

多くのビジネスパーソン同様、連日、多忙なこの方は、従来の英語研修では予習や復習はできず、ただ授業を受けているだけという状態になりがちでした。しかし、英語部に入ってからは、部活を「仕事のアポ」と同じようにとらえるようになったのです。そして、個人での英語学習を「アポに向けた準備」と位置づけ、きちんと取り組んだのですね。

もちろん、目標を仲間に宣言した効果も大きかったようです。その結果が、「TOEIC L&Rスコアのアップ」という形で現れた、と喜んでいらっしゃいました。

■英語を「発する」トレーニングが大切な理由

英語部に参加して、「英語は難しいものだという苦手意識がなくなった」とおっしゃる方も多いですよ。これは、部活で実践する学習法が、英語の上達を実感しやすい、能動的な内容になっているからだと考えています。

英語部の学習には、どのように学べば、効率的に求める能力を身に付けられるかについて、米国でまとめられた「Cone of Learning(学習の円すい)」という理論を取り入れています。この理論によると、教材を読むといった受動的な学習をするよりも、学んだことを誰かに伝えたり、実際に自分でやってみたりという能動的な学習をしたほうが、能力が身に付きやすいとのこと。英語学習に当てはめると、単にテキストを読んだり、講義を聞いたりすることに比べ、実際に話したり、書いたりしてみることのほうが、学習効果が格段に高いということになります。つまり、英語は、「発する」学習をしたほうが、より力が身に付きやすいのですね。

■英語で気持ちを伝える体験ができる1分間スピーチ

英語部では、「Cone of Learning」の概念に基づいて、実際に英語を「発する」学習に重点を置いています。テーマを決めて行う1分間の英語スピーチはその一例で、英語が得意な人も苦手な人も、英語力にかかわらず、全員がスピーチするのです。もちろん、内容は事前に考えてきてもらいますし、原稿を見ながら話してもかまいません。

先日、ある英語部のみなさんが、「尊敬する人」というテーマで行ったスピーチを聞きました。1人の部員が、亡くなったお父さまの話をされていました。その方は決してスピーキングが得意なほうではありませんでしたが、朴訥(ぼくとつ)と語るお父さまの話に、みんながどんどん引き込まれていましたね。お父さまを思う気持ちや、その気持ちを伝えようとしている姿勢はとても感動的でした。

この取り組みに参加した部員のみなさんは、英語は机の上で学習するものではなく、何かを伝えるためのツールである、ということを改めて感じたのではないでしょうか。

■「自分語」 を準備して、実際に使ってみる

関口雄一さんいきなりスピーチをするのは、日本語でも難しいことですから、英語なら、なおさらです。でも、先ほどご紹介したスピーチのように、あらかじめテーマを決めて準備をし、練習を重ねれば、私たちは英語で話すことができます。

実は、私たちが英語で話したいことや、仕事で話す必要があることは、意外と限られています。ですから、あらかじめ準備しておけばよいのです。私は、この自分が話したいことや話す必要があることを「自分語」と呼んでいて、英語部では「自分語」のトレーニングにも力を入れるようおすすめしています。

具体的には、まず、オセロの盤面のようなマス目を作り、そのひとつひとつに話したいテーマを入れていきます。最初のマス目は「自己紹介」、次のマス目は「仕事のこと」、その次のマス目は「家族の紹介」、そして「週末の過ごし方」「私の趣味」・・・といった具合です。それぞれのテーマについて、10秒程度のものでよいのでスクリプトを作って暗唱し、部活でペアを組んだパートナーを相手に話すのです。

私が設立にかかわった英語部には、「I am _________」のように、下線のところだけ埋めればよいようなスクリプトのひな形をお渡ししています。自分たちで英語部を作る場合は、ビジネス英語の表現集などを参考にするとよいでしょう。

■「英語が話せる」→「楽しい」→「もっと学びたい」という好循環

パートナーを相手に、「自分語」を話すトレーニングを繰り返すと、徐々にスラスラと言えるようになります。これによって、「あ、私、英語を話せる!」「楽しい!」「もっと話せるようになりたい!」という感覚が得られるんです。英語で「自己紹介ができる」「道案内ができる」という風に、「Can-do」を増やしていけばモチベーションが維持できる。つまり、学習が続くのです。

先ほどのスピーチもそう。話したいと思ったことが、話せるし、伝わるという体験をすれば、英語学習はたちまち楽しくなります。先日も部員の方から、「今までの英会話の研修は苦しく感じることもあったのですが、英語部は楽しいですね。学習に抵抗がなくなりました」との感想をいただきました。これも部活の効果です。

もちろん、ここまでお話ししてきた学習は、英語部を作らなくても実践できます。ぜひ仲間と一緒にチャレンジしてみてください。

■定期的に集まることや自分へのご褒美も上達のカギ

英語部の部活は週1回、決まった曜日に行うなどして、できるだけ定期的に開催するようにしましょう。部活に集まるという行為をとおして一定の学習時間を確保することは、英語部の目的のひとつです。また、英語上達のカギは、英語を発する機会を可能な限り多くもつことなのです。

学習の継続には、自分へのご褒美を準備することも効果がありますよ。ある部員の方は、予定どおりに学習できた日は、自宅で飲むお酒を発泡酒からビールに変えるそうです(笑)。奥さまの許可を得るのに少し時間がかかったけれど、三日坊主にならずに学習を続けられているとお聞きしました。

そして、何よりも学習を楽しんでください。楽しむためにも、「発する」という能動的な学習法を実践していただきたいと思います。

次回は、TOEIC Program各種テストの活用の仕方などについて、詳しく語っていただきます。

関口雄一さんからの
TOEIC® Listening & Readingスコア別学習アドバイス

関口雄一さんからTOEIC L&Rスコア別に学習アドバイスをいただきました。

英語を学ぶ多くのビジネスパーソンのコンサルティングを手掛けている関口さんならではの、具体的なアドバイスです!

関口雄一さんからのTOEIC L&Rスコア別学習アドバイス
395点以下

【TOEIC® Listening & Readingスコア10~395点の方へ】
非ネイティブスピーカーの英語を聞いてみましょう!

「英語は苦手だ」「英語は難しい」と思ってしまっていませんか?そんな英語に対する苦手意識を克服するための方法として、日本人を含め、非ネイティブの英語を聞いてみることをおすすめします。たとえば、海外で活躍する日本のスポーツ選手がインタビューで話している英語を聞いてみてください。簡単な単語や言い回しだけを使い、ネイティブのように流ちょうではありませんが、十分通じることが分かります。

世界の英語人口のうち約7割は非ネイティブとされ、英語による国際コミュニケーションの場では非ネイティブが主流となっています。ネイティブの英語を目指す必要はなく、まずは「ちょっと英語ができる人」を目指せばいいのです。「英語学習はそれほど大変ではない」と肩の荷を下ろしましょう。


400~695点

【TOEIC® Listening & Readingスコア400~695点の方へ】
アウトプット重視の学習法に切り替えましょう!

使える英語を身に付けるために欠かせないのは、英語を発することです。加えて、何と言っても英語学習は、実際に英語を話したり、書いたりするほうが楽しめます。インプットである聞くため、読むための学習も、能動的なアウトプットの学習法に切り替えましょう。

具体的には、リスニングなら音声をただ聞くのではなく、その英語を書き出すディクテーションをやってみてください。スクリプトのある音声教材でディクテーションを2~3回やったら、スクリプトと照らし合わせて、聞き取れなかった単語やフレーズを確認します。一言一句聞き取れるまで繰り返す必要はまったくありません。根をつめ過ぎるとつらくなり、やめたくなってしまうのが人間。まずは、学習を続けることを優先させましょう。

700~795点

【TOEIC® Listening & Readingスコア700~795点の方へ】
自分の話す英語を録音して聞いてみましょう!

「英語はある程度読めるし、聞けるけれど、話せない」という方が多い層です。そんな方は、会話練習用の想定問答などの英文を自分の声で録音しましょう。スマートフォンの録音機能を使うと便利です。この音声を電車の待ち時間などに聞いてください。自分の英語を聞くと最初はがっかりしますが、客観的に聞いてみることは重要。聞くだけでなく、自分の声をシャドーイングしましょう。何度かシャドーイングした後、同じ内容をもう一度録音し、また聞くということを繰り返すと、だんだん上達します。

また、このレベルの方は迷わずTOEIC S&Wに挑戦してください。聞いて読むための学習から、話して書くための学習にシフトすることが、モチベーション維持に有効です。


800点以上

【TOEIC® Listening & Readingスコア800~990点の方へ】
英語で論理的に話すトレーニングをしましょう!

このレベルの方からは、実際に英語を使う機会がないという話をよく聞きます。そういう方は、決められたテーマについて英語でディスカッションするグループに参加してみてはいかがでしょうか?

インターネットで検索すると、朝の出勤前の時間などを利用して開かれている、英語でのディスカッションを目的とした会が複数、見つかります。こうした会を論理的な英語を話すトレーニングの場にしましょう。

お住まいの地域などの事情で参加が難しいという方は、TOEIC S&Wを受けてみてください。英語を発する機会が得られることに加え、イントネーションやアクセントなど、普段はなかなかチェックできない視点から、あなたの英語を客観的に評価してもらえます。

プライバシーマーク
当サイトは(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会が運営しています。
ETS, the ETS logo, PROPELL, TOEIC, TOEIC Bridge and TOEIC BRIDGE are registered trademarks of
Educational Testing Service in the United States, Japan and other countries and used under license.